写真撮影について2

(ユキねえ・編集不可)
写真撮影について1■前記事←  →次記事■写真撮影について3


PNGの黒エッジをとる

背景合成などで重宝するPNGでの撮影ですが
疑問に思ったことがありませんか?

黒フチが出てしまう。・・・縁なし透過PNGって書いてあるのに!!ww

前置きなし。フォトショップで変な黒ずみを除去します。

matte_out_01.jpg
Item:あさたむさんフェイス&苔トドさんの服セット


だいぶ綺麗になったと思いませんか?
明るい背景だと黒フチ目立ってしまいますよね。

作業工程はPhotoshopでレイヤー選択後、
「黒マット削除」を適用。
cap126_08.gif

好みでフィルタも適用します。

matte_out_02.jpg

上の3枚は原寸の作業です。
白バックで作成してますが
キャラの回りは透明レイヤーになっています。

このあとの作業は縮小したりして好きにレイアウト。

「黒マット削除」は特に透過素材に有効です。
milp_01.jpg
     ↓黒マット削除適用後
milp_02.jpg
Item:セリナっちのミルプリ&犬猫さんの翼

黒ずんだ羽が白く生まれ変わりましたw



ちょろっとグチ。
これは・・言っちゃあ悪いけどプログラマのミスかなあ・・ww
それとも24bitビューアでジャギー画像見せたくなかっただけか・・?

どんな意図かは謎ですが
多くのソフトではそのまま黒ふちが付いてしまうのでやっかいです。

例えば3DCGソフトで画像のレンダリングを設定する際に
アルファ付きの画像を書きだす画面で
「乗算済アルファ」・「ストレート」の記述に思い当たる方はいると思います。

PTCの「縁なし透過PNG」は「乗算済アルファ」(英語ソフトではpremultiple-alpha表記)
を書きだす仕様のようです。

対応ソフト(AfterEffects等)を持っている方は
日本語AfterEffectsは翻訳が変で「合成チャンネル - カラーマット」ってなってます。
これに設定すれば自動で黒マットは除去されるので
お試しあれ~


PNG画像の利用方法を考える


マスクが使いやすいPNG画像ですが
結局800x600になってしまうのでそれ以上の解像度がほしい時は
あらかじめ背景と合成した素材を画面キャプチャするしかありません。

ブルーバックで画面キャプチャしてその色でマスクを作ればいいと思うのですが
前述の犬猫さん素材のようにテクスチャのボケ足が背景と馴染んでしまうような場合は
うまく抜けません。

使いどころに合わせて画面キャプチャ、ブルーバック、PNG画像を使い分ける感じですかね~

エッジがジャギってる画像をうまく使う


これまでの記事でちょこちょこ出てきた
「OLM smoother」の記事を参考にしてください。
ブルーバック素材はジャギった状態で青マスクを透明に変換してから
フィルタを適用すると青みがキレイに外れます。


  • 最終更新:2011-01-27 20:50:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード